スポンサード リンク

「3年B組金八先生」パート8 第4話あらすじ

★「3年B組金八先生」パート8 第4話あらすじ

受験に専念するように厳しく言われてしかも、父親の和彦(小宮孝泰)からスゴク好きな野球を取り上げらてしまったサトケン(廣瀬真平)は、ショックすぎてついには部屋に引きこもり状態になった。

その事を知らない金八先生(武田鉄矢)は、風邪を理由に1週間も休み続けてしまうサトケンを心配する。

ある日、サトケンの幼馴染の裕美(山田麗)から「サトケンの様子がおかしい」と知らせを受け金八先生は、里中家を訪問することに。

しかし、家庭の事情を知られたくない母親である恵美(広岡由里子)に話をごまかされて、あっという間に追い返されてしまう。

次の日、今度は悠司(布川隼汰)から「河川敷でサトケンを見かけた」と聞かされた金八はまたも里中家を訪ねるが、憲太郎は心を閉ざしたまま。

休みの原因が風邪でないことを確信した金八先生は父親の和彦に事情を聞こうとするのだが、和彦はなにも話してはくれない。

里中家に漂う異変を感じ取った金八は、昔からこの父子を知る裕美の両親(石倉三郎・東啓子)に会うため、寿司政へ向かう。

しかしそんな中、金八のである娘の乙女(星野真里)が、同じ学校に勤めている10歳も年上の離婚暦のある男・湯山(蟹江一平)と付き合っていることが発覚して、金八はオロオロしてしまう。

同僚の乾(森田順平)や本田(高畑淳子)に、泣きべそをかいて相談を持ちかける。
posted by 3年B組金八先生 at 19:04 | 「3年B組金八先生」パート8 あらすじ

3年B組金八先生パート8 第3話あらすじ

★3年B組金八先生パート8 第3話あらすじ

制服をどうしても着たがらない転校生の美香(草刈麻有)に影響されて、3年B組では日ごとに私服で登校してくる生徒が増えていった。

坂本金八(武田鉄矢)は、私服を着てくる生徒たちに「どうして制服を着てこないのか?」という事を問い、“規則について”の授業を設ける。

その上で後日、美香の転校の理由を知るため聖ミカエル女学園におもむき、美香の元担任教師と話し合いの場をもつこととなる。 一体美香の過去に何があったのか・・・。


そんな中、桜中学のサッカー部にある異変が起こっていた。

桜中学への入学希望者を沢山増やすための手段として、校長(浅野和之)が元Jリーガーである関口(島崎俊郎)を新しいコーチとして連れてくることになった。

関口コーチは「桜中学を日本一強いチームにする」と、声高らかに周囲の人に宣言した。

その一方で、受験を控えているにも関わらず後輩たちを心配して練習に参加していた元キャプテンである悠司(布川隼汰)らに対して、こばかにするような暴言をはいたのだった。

自分たちの桜中学のチームに強く愛着ををもっている悠司は、関口の言葉に激しく反発する。そんな悠司に対して関口コーチは、「自分が教えている小学生チームと対戦してみろ」と言いだしてしまい…。
posted by 3年B組金八先生 at 13:59 | 「3年B組金八先生」パート8 あらすじ

「3年B組金八先生」パート8 第2話あらすじ

★第2話あらすじ

3年B組に、赤いセーターの転校生がやってくる。名前は森月美香(草刈麻)で彼女は「制服を着る意味がわからない」と、どうしても制服を着用することを拒否していく。金田明夫演じる副校長の北は転校生森月に厳重注意をするが全く動じる事は無く、態度を改めようとは全く考えようとはしない。金八は森月美香の言動に強い興味を持つようになるが、鹿島田校長と北副校長は他の生徒へ悪い影響があると恐れて、美香の存在を危険視するようになる。


またそんな中、教育委員である氏家(加藤満)が桜中学まで訪問してくる。孝志(坂本優太)の両親(吉見一豊、平栗あつみ)から「美術の教師である立花(藤澤恵麻)を他校へ異動させて貰いたいという抗議の電話があったということを報告しにきた。

第1話に続いて新しい問題が浮上と同時に前回(第1話)での問題を第2話でも引き続き放送することとなる。
教育委員の氏家は、美術教師の立花の口からこれまでの経緯を聞きだそうと試みるが、孝志が傷つ付いてしまうことを恐れた立花は、本当のことを話せないでいることを思い悩んでいる。
そんなことを全く知らずに孝志の両親は、さらには3年B組の父兄にまで騒ぎを広めていくことになる。「孝志の親が立花を辞めさせようとしている」という話はあっという間に生徒たちの耳に入る事ととなる。立花を慕っている大将(亀井拓)たち数名の男子生徒たちはそのことに激怒することになり孝志に手を上げてしまう。

手をあげてしまってはまたさらに問題化すること間違い無しですよね。若いせいなのか慕っている立花先生のためにも手をあげるのは我慢するべきでありますが一体どうなってしまうのか?金八先生はここでも解決して欲しいですね。

制服を着ない生徒がいるのはどうやって校正させるのでしょう?でも私も実際ずっとなんで制服なのか不思議でたまりませんでした。私は帰国子女ということもあり日本の学生の制服姿が何だか新鮮に感じましたが最近はビジネスマンや高校生達が私服で出勤または登校するなかなぜいまだに制服なのか?ぜひその答えが知りたいです。興味あります。まさか周りがそうだからだとか、伝統だからみたいないい加減な理由だとは思いたくもありませんけどね。
posted by 3年B組金八先生 at 13:47 | 「3年B組金八先生」パート8 あらすじ

「3年B組金八先生」パート8のあらすじ

「3年B組金八先生」パート8のあらすじ


桜中学で3Bの担任を受け持つ坂本金八(武田鉄矢)は、理科教師である遠藤(山崎銀之丞)が、痴漢容疑で逮捕されるという知らせを受け職員室は騒然となる。だがその数時間後に幸いにも遠藤は真犯人を捕らえようとして痴漢と勘違いされたことが証明される。
だが校長の鹿島(浅野和之)や副校長の北(金田明夫)は、正義感からリスクを犯した遠藤を激しく非難する。 金八は、遠藤の行動を「教師として当然のこと」褒めそして校長や副校長に主張する。しかし、校長たちは『学校希望選択制』が導入されたことで、桜中学校の評判が下がることだけを気にする。

そんな中、3B生徒のひとり長谷川孝志(坂本)の両親が桜中学へ乗り込んできて 夏休みの課題で孝志が描いた絵に対する美術教師・立花(藤澤)の評価に納得できないという事で抗議しにくる。 校長と金八とともに孝志の両親と対立した立花は、「自分の評価に間違いは無い」と言いきる。孝志の両親はそんな立花を教育委員会に訴えると激怒する事になる。 立花は、自分を慰めてくれた金八に、孝志の描いた絵はその技術や個性などから、本人が描いたものではないと言う。

さらに何日かたった後、同じく3年B組の江藤清花(水沢)が授業中に倒れてしまうという事態が発生する。


・いきなり問題発生が休む暇なく連発で起きるので気が抜けません。それらの問題を金八先生がどうやって解決していくかスゴク今から楽しみですね。また名言が飛び出すのでしょうか?期待しています。
posted by 3年B組金八先生 at 00:03 | 「3年B組金八先生」パート8 あらすじ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。