スポンサード リンク

「3年B組金八先生〜パート8〜」とは?

「3年B組金八先生〜パート8〜」


★主なテーマ
・最大テーマ:親
・学校選択性、少子化による生徒数の大幅な減少
・ゆとり教育による影響
・学校選択制による評価を気にする校長と教師
・受験主義的な学校の体制
・子供にとって大きな悩みとなっている親
・保護者からの困った苦情

“受験と進学”に悩み、家族、教師、友人といった周囲の人間関係の“期待と失望”に揺れ動く、いろんな事を感じやすい多感中学3年生。彼らを取り巻く社会環境は、時代と共に大きな変化を遂げている。そうした中、ひとりの国語教師・坂本金八と3年B組の生徒たちが織り成す物語は、その時代時代で色々なメッセージを発信し、多くの人に愛されてきた。

今回は親についてが主なテーマですが主役はあくまで金八先生と生徒一人ひとりなので、親についての事を取り上げすぎるとその問題だけで終ってしまう。しかし今回は一人ひとりに対してごくごく普通の中学生がもっている問題、悩みを金八先生が解決していくとの事。受験至上主義の学校体制やゆとり教育などについても疑問を持つ金八先生。

桜中学のクラスは、学校選択制、少子化の関係で、3年B組までしかないく、さらに1クラスが30人から25人になっている。

大きな愛情を持って3年B組の生徒たちと共に成長する場面が描かれる予定です(放送は2008年3月まで)。
posted by 3年B組金八先生 at 23:10 | 「3年B組金八先生」パート8とは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。