スポンサード リンク

3年B組金八先生パート8 第3話あらすじ

★3年B組金八先生パート8 第3話あらすじ

制服をどうしても着たがらない転校生の美香(草刈麻有)に影響されて、3年B組では日ごとに私服で登校してくる生徒が増えていった。

坂本金八(武田鉄矢)は、私服を着てくる生徒たちに「どうして制服を着てこないのか?」という事を問い、“規則について”の授業を設ける。

その上で後日、美香の転校の理由を知るため聖ミカエル女学園におもむき、美香の元担任教師と話し合いの場をもつこととなる。 一体美香の過去に何があったのか・・・。


そんな中、桜中学のサッカー部にある異変が起こっていた。

桜中学への入学希望者を沢山増やすための手段として、校長(浅野和之)が元Jリーガーである関口(島崎俊郎)を新しいコーチとして連れてくることになった。

関口コーチは「桜中学を日本一強いチームにする」と、声高らかに周囲の人に宣言した。

その一方で、受験を控えているにも関わらず後輩たちを心配して練習に参加していた元キャプテンである悠司(布川隼汰)らに対して、こばかにするような暴言をはいたのだった。

自分たちの桜中学のチームに強く愛着ををもっている悠司は、関口の言葉に激しく反発する。そんな悠司に対して関口コーチは、「自分が教えている小学生チームと対戦してみろ」と言いだしてしまい…。
posted by 3年B組金八先生 at 13:59 | 「3年B組金八先生」パート8 あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。